--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.05.29

やっぱすりっぱ

すぽ

すぽ

すぽ
そ、そうなんですか?
スポンサーサイト
Posted at 15:05 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.28

時報(中途半端報)

猫のムーがただいまから二十時二十分を

お知らせいたします。

ぴっ、

ぴっ、


時報
とても中途半端な時間ですが(‥;)

仕事
次は何時にお知らせしてくれるのやら。
Posted at 20:20 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.27

レシーブ

今日は多分、バレーボールをしています。
手

来たわよムー子!
ぎゅ
ナイス!ナイス肉球レシィィィブ!!

♪

バッチ
そのモサデコ、デコでボール受けた?
Posted at 23:45 | ムー・猫 | COM(2) | TB(0) |
2007.05.25

こいこーい

誤飲防止の為にやわらかいビニールは
遊ぶときにも使わない様になりましたが
硬いビニールでは遊びます。

早速猫がゴミトラップにかかりました。
ビニール


?
遊ぶよー!!

がさがさ攻撃だっ!
さぁ、こいこーい!!ヾ(●´▽`●)ノ
がささ!
なんかノリが悪いな…( ̄  ̄)
一生懸命やってるのにー( p_q)
Posted at 22:45 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.24

骨型枕

お、寄りかかってる♪
枕

腕を寄りかけてるのかと思った
♪
胸枕にしてた♪
Posted at 14:00 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.24

のれん風

カーテンに首だけ突っ込んで。
ちょいと

・・・
このまま15分くらいここにいた(^▽^;)


何羽も飛んでいた模様。
45秒。
 《動画は削除しました》
Posted at 10:30 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.22

もみくしゃペーパー

ソファーのクッションの上でもなく、
フカフカのキルティングの上でもなく、
あえて
妹がくしゃくしゃにした番組表の上に(-_-;)
ご丁寧にほりほりしてから乗っかった。

♪
くしゃくしゃになってやわらかいしね。

☆


サイコー
べつにー、いいけどー、なんだかー、とってもー、

ビンボー臭い。。。
Posted at 22:00 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.21

パパの帽子

パパが恋しいのは分かるが、
ぐしゃぁ
パパのキャップがつぶれとるよ(‥;)

パパの帰るのをそこで待つの?
パパ
今日は、、、

ぱぱ
う゛。。。残念なお知らせだけど。。。
パパは帰ってこないよ。。。


PAPA
ヒト語が分かったら怒ったり悲しんだりするのかな。
Posted at 22:40 | ムー・猫 | COM(2) | TB(0) |
2007.05.21

ベランダでアレ

5/2ゲッソリの頃と比べて
少しは体型が戻ってきたかな。
胴
姿勢は違うけどだいぶ元通り!



アレ
アレとは?

ただせっせと。
40秒。
 《動画は削除しました》

日光浴して毛繕いしてV.D.を補給しているというのは
本当の話ですか、ムー様。


アレ
アレとは?

アレに気付く。
44秒。
 《動画は削除しました》


もう夏のニオイがしたかな。。。
でも真夏になると日光ベルトはなくなっちゃうよ(‥;)
Posted at 10:45 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.18

かいーの?

?
すごいおかしな格好に。。。

以前よりおなかの毛繕いの回数が多い気がする。
今日もせっせと毛繕い。
?
傷口がかいーの?

せっせせっせと。
55秒。
 《動画は削除しました》

近寄ったら怒られた(^▽^;)


近寄らなくてもぅぅと小さく文句言うみたいな声出して
毛繕いしてたので本当に痒いのかも。

Posted at 13:10 | ムー・猫 | COM(2) | TB(0) |
2007.05.18
2007.05.17

猫の誤飲手術5・会計まとめ

5/3初診
診察料 1,500
採血料 1,000
血液検査CBC 4,100
血液検査ミニスクリーニング 2,300
超音波下穿刺採尿 2,000
尿検査 2,000
超音波検査(腹腔B) 6,000
皮下輸液料 ML<=60 1,150
一般注射薬価料*2 1,300
抗生物質薬価料 1,100

医療費合計 22,450
消費税 1,122

合計 23,572
※以上は検査ミスなので退院時に精算して
 全額返金されていました。


5/5再診(昨日行われるべきだったもの)
 診察料
 採血料
 血液検査CBC
 血液検査スクリーニング
 超音波下穿刺採尿
 尿検査
 フェカライザー検査※1
   以上まとめて※2 19,300
血液検査ミニスクリーニング -2,900
超音波検査(腹腔B) 6,000
皮下輸液料 ML<=60 1,150
一般注射薬価料*2 1,300
抗生物質薬価料 1,100

医療費合計 25,950
値引き額※3 665
消費税 299

合計 25,584

※1検便
※2クラブ会員の検査セットプラン
 (今回使用しないその他のサービスや年会費は未記載)
※3値引きは病院のクラブの入会特典



5/5 バリウム検査・手術
再診料 900
レントゲン4ツ(1枚目) 3,500
レントゲン4ツ(2枚目以降)*5 5,500
造影処置(消化管) 3,000
静脈留置設置料 2,500
点滴輸液500ml*2 4,000
一般注射薬価料*2 1,300
抗生物質薬価料 1,100
腸管切開術 46,600
ガス麻酔イソフルラン 14,000
皮膚縫合MAXON(5-0未満)*4 8,000
電気メス使用料(麻酔下)7,000
入院費 BW<=10KG 4,000

診療費合計 101,400
値引き額 10,140
消費税 4,563

合計 95,823



5/5入院
入院費 BW<=10KG 4,000
一般注射薬価料*2 1,300
抗生物質薬価料 2,200

診療費合計 7,500
値引き額 750
消費税 337

合計 7,087



5/6入院
入院費 BW<=10KG 4,000
一般注射薬価料*2 1,300
抗生物質薬価料 2,200
強制給餌/日 2,000

診療費合計 9,500
値引き額 950
消費税 427

合計 8,977



5/7,8入院・退院
入院費 BW<=10KG*2 8,000
一般注射薬価料*3 1,950
抗生物質薬価料 4,400
ストッキネット装着・交換 1,100
処方料(受診) 500
内服薬(1種1回<5kg)*6 360

診療費合計 16,310
値引き額 1,631
消費税 733

合計 15,412



5/11術後健診
再診料 900
抗生物質薬価料 1,100
一般注射薬価料 650
処方料(受診) 500
内服薬 300
内服薬(1種1回<5kg)*3 180

診療費合計 3,630
値引き額 363
消費税 163

合計 3,430



5/14抜糸
再診料 900
抜糸・消毒料 800
処方料(受診) 500
内服薬 500
内服薬(1種1回<5kg)*5 300

診療費合計 3,000
値引き額 300
消費税 135

合計 2,835



この度の誤飲にかかった診療費用合計は。。。

159,148円也。

その他、タクシー代、バス代、妹の保育室代など
諸々で17万ちょいくらいでしょうか。


ところで、ムーはペット保険に入っているのです。
さぁ、ここで約款を取り出してみましょう。
免責事項の、
免責

大事なところにズームアップしてみましょう。
免責

知ってた、ワタシ知ってた。。。(T_T)


誤飲を甘く見てはいけません。

 第壱。愛猫の命の為に。
 第弐。自らの懐の為に。

誤飲を決して甘く見てはいけません。


さもないとゴミ同然のビニールなどのせいで
大変なことになるのです。


続きを読む
Posted at 22:25 | ムー・猫 | COM(6) | TB(0) |
2007.05.17

出た

Zzz
か、かわいい。

顔を押さえてる右手が特に。
びーん


スッキリ
このようにスッキリ姿勢なのは
2日ぶりに、そして具合が悪くなってからは
約半月ぶり?に調子のいいウンがちゃんと出たからです。
良かった良かったv( ̄ー ̄)
Posted at 20:00 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.17
2007.05.16

出ない

後はウンの調子が戻ってくれるだけなんだけど、
昨日ゆるめで一回きりでその後、音沙汰がない。
出ない
困ったねぇ。。。
Posted at 17:30 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.16

良い白目

具合が良くなってきてからというもの、
どうやら眠くて眠くてしょうがないらしい。

この前具合が悪い時に白目になって
(瞬膜が出たままになって)フラフラした
ときは
それはそれは恐かった。
モニタ
いいお顔だねぇ~(*´ェ`*)
と思ってほほえましくチラチラ眺めていたら、、、

いやぁ!
ひぃぃぃぃ(≧_≦)
あの時を思い出して恐いからそれ(白目)やめてェェェ!!
こんな白目のままでフラフラ斜めに歩いてた。
…あぁ、恐い。。。


眠くて眠くて。
31秒。
 《動画は削除しました》
眠すぎてすぐに瞬膜が閉じる。


寝
すやすや眠れるようになって良かったよね。
Posted at 16:15 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.16

新しい猫

ムーが入院してる間に新しい猫が、、、
2猫


2猫
それを気に入らない大きな猫がいた。

猫
もぅ、ムー子、ウチにはお前だけだよぉ(*´ェ`*)

前からあるネコ型花瓶です(^▽^;)
Posted at 09:30 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.15

体調不良14・退院4~7日目抜糸、回復

5/12(術後8日)
ウンはゆるめなものの、回数毎に元に近付く。
やっぱり抗生剤が合わなかったのかも。
午前 缶自分で1/2、流動食40ml
午後 カリカリ大匙1*2回 小匙1
    カマスラ少々食べる
まだ弱々しいけれど歩き方や行動パターンが
通常に近付いてきているかんじ。
昼以降は熱っぽさも引いたよう。


5/13(術後9日)
ウンまだゆるめ。
少しずつだけど自分で食べている量が
6~7割は元に戻ったようなので流動食終了。
寝たきりの時間が減る。
机とかにジャンプするが
まだパワーが足りなくて落ちる。


5/14(術後10日)
抜糸の日。
退院時に3.1kgだった体重が変わらず。
少し増えてるといいと思ったのに残念。
(ちなみに体重の推移。
 2005/6/10 誤飲疑惑 3.65kg
 2005/8/10 ワクチン接種 3.7kg
 2006/6/12 病院へ行こう 3.5kg
 2007/5/3 体調不良3・病院へ3.2kg←術前ゲッソリ時
増えてると思いきや、やせていってる。。。)
このまま回復していけば問題ないそうだけど
微熱&下痢気味なので
念のために5日間分の抗生剤と消炎剤を処方される。
ウンあと少しで元通り。
食欲8割回復
机の高さにジャンプしても落っこちなくなった。
今日までは食欲・体力回復のために
缶、オヤツ系などの一般食がメインだったのを
今までのニュートロ(総合食)に徐々に戻す。
最高4つ(贅沢缶皿・贅沢カリカリ皿・白身魚、ホタテ皿
・カマスラ皿)並んでいた贅沢皿が
一つ一つ消えていく…。
ここまで回復してきたら食いつきが悪いのは
ワガママ
ハイ、ちゃんと食べてねー♪


5/15(術後11日)
ウンなし。
食欲120%回復、むしろ回復しすぎ(^▽^)
ウエストの括れが少し目立たなくなるほど(ん?イイノカ?)
体つきが戻ってきた様子。
行動が普段通りに。
お腹の毛がなくて寒いせい?(^▽^;)か、
以前以上にヒトに寄り添いたがるので
付きまとわれて大変。
ジャンプしてもどこからも落ちない。


と、いうことで。

今日を持ちまして、


 完全復活(ウン&腹毛以外。)


 宣言シテ、イインジャネ?


 イェー\(*T▽T*)/ \(^_^)/イェー





ご覧くださっている皆さま、


元気なムーが戻ってまいりました。


ありがとうございました。



 <(_ _)> (=^・ェ・^=) <(_ _)>




Posted at 23:59 | ムー・猫 | COM(3) | TB(0) |
2007.05.14

とりあえず近況報告~♪

今日無事に抜糸しました。
抜糸

少しずつですが元気になってきています!v( ̄ー ̄)
Posted at 23:59 | ムー・猫 | COM(3) | TB(0) |
2007.05.14

抜糸祝い

今日はこれからムーの抜糸ですがその前に。
なに?


ちぇ
せっかくモコトレしたのにね。

?!
気付いたかな( ̄m ̄* )ムフッ♪

爪とぎ!!
正解!(じゃないけど(^▽^;))

わーい

あっちでカリカリこっちでカリカリしてたけど
ほつれないタイプなので本当にある意味
巨大爪とぎになった(結果的に)。

抜糸祝いということで。
Posted at 17:10 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.13

ポットパワー

いつもなら怒る、というか
ダメダメーと言って降ろすところだけど、
怒る
なんだか動かせない。。。

お腹を暖めてるかもと思うと
ワルイコ
やっぱり降ろせない。。。
Posted at 08:00 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.12

痩せちゃった

やっと食べ始めたものの、
食べた分が体型に表れるには
まだまだ時間がかかりそうだ。

首、肩の周りからウエストにかけて
頼りないくらい細い(これでも)。
痩


撫でると背骨や骨盤がいかにも骨と分かるほど。
後姿も小さい。
痩
がんばって食べなきゃね。
Posted at 20:05 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.12

ドーナツパワー

昨日の急変以降から徐々に食べだして
少しずつ回復中。
ド

ー

ナ

ツ!

ドーナツパワーは偉大だー(*^m^*)♪
Posted at 14:10 | ムー・猫 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.11

体調不良13・退院2~ 3日目再診、急変

5/10
夜になってもやっぱり自分で食べようとしないので
流動食を注射器で35mlと薬。
ホタテやカレイをゆでて一緒に混ぜているけど
嗜好性を高める為だけのものだし
水分で伸ばしているから
1日の必要食事量に追いついてない。。。
 うーーーん、どうして自分で食べない?
先生は自宅に帰ると食べ始めてくれるコが
ほとんどだと言ってたのにムーは全然食べないし、
だるそうに一日中寝ているだけ。
食べないもんだから今日はウンもしなかった。
不調

頬がこけてる。。。
猫語
今回ほどムーの言葉が分かりたかったことはありません。


5/11
明け方、大目のウン、でもすごく下痢。
下痢したことがないだけに心配。。。
朝注射器でゴハン40mlと薬。
いつものイスかこのソファーでただ寝るだけ。
げっそり

午後は術後の経過健診へ。
タクシーでは一応元気?に
「やだーやだー、行きたくなーい。」と
鳴いています。

先生曰く、やっぱり術後ここまで
食欲が戻らないのはおかしいらしい。
腸の傷に漏れがないか、超音波検査するも
大目に見て腸が腫れているかもしれないけど
注意が必要なほどの異常はなし。
抗生剤が合わずに胃を荒らして食欲不振や下痢に
なっているかもしれないので
薬の交代とアレルギー反応を抑えるステロイドを
処方されて帰宅しました。
様子は日々足取りもしっかりしてきたし、
どこかが痛い風じゃないんだけどなぁ。

ところが帰宅して1時間位した頃、
夕方のゴハンを注射器であげようと
イスで寝ていたムーに「ムムごはんだよー」と
呼ぶと、ドテテっと音がしました。
みるとムーがイスから転げ落ちていました。
え?!え?!と思っていると瞬膜が閉じたままで
目の中央付近から戻っておらず

半白目に見える状態。
こちらにこようとしても足がよたよたッとして
上手く歩けていない
 ウソでしょ?!
やっと歩いている様子を見ていると
マットの上に少し吐きました
また黄色い液体。。。
 え?!なんで、どうして。。。
あわててそっと抱き上げると
ァァ、ァァァ、と小さく震えるように鳴きます。
 ヤバイ!神経症状なの?!
フリースでくるんでムーちゃん!!ムーちゃん?!
呼んでも小さくゥァ、というだけ。
体も熱っぽい

かろうじて意識もあり呼吸も割としっかりしてるけど
どうしていいか分かりません。
すぐ獣医に電話して確認すると
さっきの治療でそんな風になる治療はなかったし、
極少ない可能性としては食欲増進剤で
めまいのようなもの
が起きているのかもとのこと。
それか空腹すぎか。
今から1時間半様子を見て戻らなかったら電話を、と
言われました。



   ムーは、死んじゃうの?



呼んでも呼んでも様子が元に戻りません。
抱きしめたまま
 やだやだ、ダメだよ、まだいかないで!!
 まだ早いよ、だめだよ!ムー!ムー子!!
と言いました。猫語が分からないけど
心の底からムーに伝わって欲しくて
 がんばって!がんばって!
 まだまだウチにいて!!絶対元気になるんだよ!
と励ましながら、気付けになるかもと
ホタテや缶を鼻先で嗅がせてみたけど
全く効果がありません。
いよいよどうしようもなくてJに電話したものの
気が動転しているので状況が上手く伝わりません。
オロオロしながらただただ抱きしめて
静かに話しかけていると
1時間位して目が正気になり瞬膜が戻っていきました。

そうして先生が言ったとおり2時間もすると



 ナ・ニ・ゴ・ト・も、
 

 無かったかのように。




グッタリとはしていますが見た目には
変になる前の様子に戻りました。
包
膝の上。

容態が安定したので少しほっとして、
でも心配だから全然気は抜けなかったのですが
この後から急に自分で食べだすようになったのです。
缶を1口、カリカリを3粒、5粒、缶1/3、夜中になる前に
こんなに自分で食べ始めたのです。
さすがに自分で
 (アタシ、そろそろ食べなきゃバリやばいわ。)
と思ったのでしょうか(‥;)


多分、空腹&薬でおかしくなった気がします。

それと、吐いたのは、すぐに拭けなかったので
後から拭いたら、毛が多く吐かれていました。
毛を吐いたことないムーがです。
普段より自分で毛繕いする時間も
ブラッシングしてやる状態でもなかったので
少し元気になって毛繕いしたら、
今までにないくらい毛をいっぱい食べてしまったのも
吐いた原因の1つかもしれません。


私のかわいい心臓が一瞬止まるかと思った
もーほんとまぢカンベン(T_T)な出来事でした。
Posted at 23:59 | ムー・猫 | COM(2) | TB(0) |
2007.05.10

猫の誤飲手術4・お腹に入っていたもの

猫の誤飲手術1・嘔吐から受診まで-脂肪肝-
猫の誤飲手術2・獣医の差
猫の誤飲手術3・手術の決断


手術は約1時間、腸壁や取り除くものの状態によっては
切開だけでは済まず、腸を部分切除して接合するので
さらに30分かかるといわれていた。

手術が終わるのを待つ間も時折涙が出てくると
Jに
 泣かないでよぉ、オレだって我慢してるんだから(;´д`)
と言われるので携帯をいじったり野球を見たりしていたけど
(ワンセグってこういうときだけ妙に便利。。。)
あまり頭に入ってこない。
コンビニに買い物に行こうと外に出ると
夜で暗くて誰もいないからわぁっと涙が出た。
 どうしよう、どうしよう!
 ムーちゃんが、、、どうしよう!!
またJに、
 オレも泣いちゃうから泣かないでよぉ(;´д`)
 絶対大丈夫だってぇ。。。
と言われた。
泣かないでって言われても…。


そうこうして2時間経とうとする頃に

 あの、こんなものが出てきましたが…。

と、急に術服の先生が現れた。

5c㎡くらいの白っぽい網

それが硬くぎゅっと丸まって入っていたらしい。
腸内にあったせいで少し色が変色しているようだ。
 J&U 「ンンー(?_?)???」
洗面所にある系のものみたいな
みかんネットのもう少しきめ細かい網。
洗濯ネット?
スポンジについてる網?
うーん、、、ナゾ。


ムーがもう麻酔から醒めていると言うので
会いに行くとふるふると震えていて
耳を少し倒して小さく固まっているように見えた。
呼んでもわかっていない様子。
 これでも術後にしてはだいぶしっかりしてますよ!
助手さんが励ますように言ってくれた。
よくがんばったね、明日また来るからね、と
言い残してJと帰宅した。


帰宅してすぐ、洗面所付近を捜すと
あった。
これ。
ネット

洗顔用の泡立てネットの端が食いちぎられている。
ネット

いつもお風呂のシャンプー台の
下の隅のほうにかけてあって
ここ1ヶ月ほど使っていなかった。
ただ、思い返すと少なくとも1週間以上前に
洗濯用に風呂水をとろうと明かりをつけないまま
風呂場に入った時に床の真ん中辺に落ちていて
あー落ちてるー、とだけ思って
台の高い場所に置きなおしておいたもの。
暗かったから拾った時は裾がこうなっていることに
気付かなかった。
一番大きくちぎられているところが
今回出てきた部分だと思う。
悪いことに、裾が折り返されて二重になっていたから
余計に大きく切り取れてしまったのだろう。
それにしてもそれ以外の細かな千切れ部分は?
うーん、まだお腹に残っているとか?

するとJが、

 あー、これーーー、
 ウンに混ざってたかもー(‥;)


 ちょっっっ?!ウンチッコの異常は
 言ってくんなきゃー!


ウンで出てくるなら些細なこと、と
思っていたミス。
あんまりいたづらしないコだからと、
風呂場に入れるようにしていたミス。
ビニールを齧ることがあるのに
完全撤去していなかったミス。
同居人同士の情報共有のミス


本当にムーに悪いことをした。


それにしても

こんなもの食べないだろフツー(-_-;)

と思うようなものを食べていた。
 んなもん食うかなーorz
いや、食べられる環境にしていた私達が100%悪い。



ムーのようなビニール食いウール食い
ラビットなどのファー食い
その猫によっていろんな噛みクセがあると思いますが

 どうぞ飼い主の皆さん、

 気をつけてあげてください。


致命的な事故になりかねません!
まぢで
Posted at 23:06 | ムー・猫 | COM(3) | TB(0) |
2007.05.10

猫の誤飲手術3・手術の決断

猫の誤飲手術1・嘔吐から受診まで-脂肪肝-
猫の誤飲手術2・獣医の差


レントゲンのバリウムの所見では
何かが詰まっているように見えるし
ムーはもうずいぶん衰弱していて
薬や様子見などで回復するようには思えなかった。
麻酔や手術のリスクや手術法を聞いて
私の決断にムーの命がかかっていると思うと
迷って迷ってついにはなんにも言えなくなって
黙りこくってしまった。
でも手術しかないと心では決まっていた。


Jに状況を電話連絡するとJも手術しかないと思う、と。
でも、麻酔のリスクと開腹手術のリスクを考え、
つまり「もう会えない可能性がある」と思うと
Jとムー、絶対にお互いに会ってから
手術に入って欲しかった

先生にJがくるまで1時間ほど待ってもらって、
(先生を完全に予定外&時間外の残業に
させてしまった…。)Jの到着を待つことに。
先生は到着したJにも同じ事を説明してくれて
でも、私は先生の白衣のポケットで
レントゲンを見るために暗くした診察室の中で
ピカ、ピカと光っている携帯の着歴ライトに、
悪いなぁ、なんて思ったりしながらも
でもこの先生にお願いするしかないから仕方ない、
待ってる人、ゴメン!とも(勝手に)思ったりしていた。


いざ手術を決めて、術前室で待機しているムーに
会いに行った。
ケージを開けても出てこようともしない。
鼻筋にさっき吐いたときについたらしい白いバリウムが
サッと細い筋になって付いていた。
ムーム!ムム!ムーちゃん!と呼んでも
目はうつろで何とか返事する声がかすれている。

もう、泣けてしょうがなかった。

というか、私は情けないけどJを待っている間も
待合室でずっと泣いていた。
もしかしたら今日ムーと別れるかもしれない事が
突然すぎて現実感がないのに
そのくせ最悪の事だけは具体的に想像してしまう。
 手術が失敗したら。
 手術して何も出なかったら。
 手術後に目が覚めなかったら
 術後の経過が悪かったら。
 もう手遅れだったら。
短時間だったけれど考え抜いたおかげで
最善の方法をとって後悔しないたつもりだったけど
そう簡単に思い切れるほど
ムーの存在は軽くないとあらためてわかった。


あぁ命ってもう本当に、ド重い。
Posted at 23:05 | ムー・猫 | COM(3) | TB(0) |
2007.05.10

猫の誤飲手術2・獣医の差

猫の誤飲手術1・嘔吐から受診まで-脂肪肝-


最初にムーを診たのは病院長だった。
 ・お腹を触って圧痛を確認
 ・耳の中をスコープで見て「片耳が汚れてるね」
  (吐き出してから耳掃除してやってなくて。。。)
 ・歯を見て「歯石がつき始めてるからこれ(嘔吐)が
  治ったら改めて受診した方がいいです」
で、診立ては腸炎の疑い。

たくさんの受診待ちの人達の中で
結果を待つ私のところへ大声でやってきて
 数値的には異常がないので処置しましたから
 明日また診ましょう。はい、では。
ということで胃薬、栄養剤、水分の皮下注射を受けて
終わりました。

 誰にでも診立て違いはありうる。

でも納得いかないのはその翌日に判明した、
獣医師当人が必要だと言ったレントゲンと
詳しいバージョンの血液検査は
手違いでなされていなかった
という事。
これでは「ぼる。」という噂をネットで見かけるのも
残念だけど納得。
次のなにかの受診機会(あって欲しくないけど)には
間違いにはこちら側で気付きたいので、
後日きちんと説明を受けたい。



そして次の日。
また病院長に見てもらうのはどうしても不安な気がして
電話で猫をよく診てる先生をつけて欲しいと依頼。
これを「先生チェンジコーーール」ともいう。。。

今度診てくれた先生は、
 ・圧痛の場所とそこにあったしこりと大きさを確認
 ・10分弱の時間をかけて
  腸の動きがないことを聴診器で確認
 ・カルテを見て昨日の検査不足を指摘、再検査
この先生がこうした問題に鈍いのか、
真摯なのか分からないけれど
飼い主の目の前で、さくっ。っと
 この検査やってないです、今再検査します。
って言ってのけたのには…(゚◇゚)…ハイ?
個人的には真摯な態度だと思いたい。。。
少なくとも事実=ミスを隠さなかったので。

再検査の結果を見て
 ・レントゲンで腸の異常を指摘
  (くびれているはずの腸がまっすぐな状態) 
診立ては誤飲OR腸炎腫瘍の疑い。
症状が急性なので腫瘍の可能性は低いらしい。
腸がまっすぐなのは、
 もし問題(誤飲)の場所が腸の末端付近で起きていたら
 そこに行くまでに水分がたまって張っている
か、
 腸炎がひどく腸の動きがストップしている
か、との事。

バリウムを飲んで問題の場所の
更なる検査を勧められたので
検査入院することにして私は帰宅したが
2時間ほどで結果が出て
呼び出されて再び病院へ出かけた。

ムーがバリウムを途中で吐いたので
問題の場所の質などの特定はできなかったものの
撮れたレントゲンで時間を追って説明してくれ
 明らかに何かが詰まっているようで
 その先にバリウムがほぼ流れていかない状態

がわかった。
確かに不自然にある一箇所がふくれている。。。
 (ウーンなんだろう。。。全然見当がつかない。)
そして誤飲ならば誤飲物が腸壁を傷めて
破裂する可能性もあり手術は早いほうが良い、
今夜は様子を見たいならばまた明日の診察になるが、
バリウムはまた吐くだろう、と言われた。
でも、「こうした方がいい=手術の要、不要の断言」は
最後までしなかった。そういう方針なんだろう。
それに当然決断するのは飼い主
でも先生の口ぶりからは
開腹して確かめるしか先に進めない状況だと
分かったし、レントゲンもそういう状態に見えた。


何度も言うけれど。
検査のタイミングで必ずしも再診のときと
同じような結果が出たかわからないが
もし一日前の初診でこれが分かっていたら、と思うと
ムーに無駄な苦痛を与えたことが申し訳なくて、
そして悔しい。


コメントでもいただき参考にさせていただいたのですが
 セカンドオピニオンの重要性
 病院(獣医)がとる方針のクセを知ること
 獣医との普段からの信頼関係

などがとても大事なことだと思いました。

なにせ同じ病院内でも獣医によって
この診察の質の差、ですから。
Posted at 23:04 | ムー・猫 | COM(4) | TB(0) |
2007.05.10

猫の誤飲手術1・嘔吐から受診まで-脂肪肝-

いつも元気なムーが痩せちゃって
切ない写真もありますが、
同じような症状が出た猫たんには
こうなる前にケアをしてあげて欲しい思いを込めて
UPしておきます。

※ご注意※
記載には私が獣医から聞いた事と
聞いて調べた事とムーの実際の状態等を書いていますが
獣医によっては見解・解釈の違う事もあります。
詳しくはかかりつけの獣医さんに確かめてください。
命にかかわることですからね!



4/30から吐きはじめ、
5/1は少し元気になってほとんど吐かず、
5/2(受診前日)は動けるようになり
自分でベランダに出たり
出窓で日向ぼっこをしたり
いつものように自分でご飯を食べたがって
食べていたのですが、食べた分吐きました。

猫は体が小さいですから、
食べて吐くを数回繰り返しただけで
痩せはじめてしまいます。

そこで恐いのが、絶食が続いて起きる脂肪肝
 →脂肪肝 【ペットレスキューと猫の日記】
 →猫の脂肪肝 【アイリスペットどっとコム】

簡単にいうと食べられなくて胃腸に栄養が入ってこないので
 体の脂肪はエネルギー源として
 肝臓に動員、かつ確保せよ!

的な号令がかかって
肝臓に脂肪が集まったままになる状態です。

猫はなりやすいんだとか。
もちろん普通は肥満の猫がなりやすいです。
(太りすぎ→脂肪肝→食欲不振→慢性脂肪肝→肝硬変)
肝臓の細胞が脂肪に置き換わって
いずれは肝臓が機能しなくなる。
食欲不振や黄疸の症状が出て
ん?なんかおかしいぞ?と分かる頃には
末期の肝硬変になっており神経症状が出たりして
余命がわずかな場合もあるとか。
とても恐い病気です

ムーの今回の脂肪肝は肥満でなったのではなく、
数日の飢餓状態が続いた為に
急性の脂肪肝になってしまったわけです。
これは手術で開腹したら肝臓が白くなっていて分かりました。

だから、
 猫ゲポ=ガッツキ食いして今食べたの吐いちゃった
だとしても、
 ・吐いた後に少しでも元気がない、
 ・いつもより食欲がない、
 ・吐き続ける
場合には脂肪肝になってしまう危険も考えて
?と思った時点で、
すぐ受診したほうが良いと思います。

今回ムーが始めて受診したのは
嘔吐が止まり回復傾向に見えた時間があったので
嘔吐が始まって4日目、5/3午前。

その前日の5/2↓、ゲッソリです。
ベランダ

ゲッソリ

午後はいつもと同じように私の足にやってきて
まったりしていましたが、
枕

 今思えば、痩せ始めてたのに様子見などせず

 この時点で病院に行くべきだった。。。

 さらに初診の誤診?がなければ約30時間早く

 手術が必要と分かったかもしれませんでした。

 猫にとっては命にかかわる時間です。



吐いてから付け始めたメモ。
妹の育児日誌をコピって使いましたが
自分&獣医が状態を把握するのに非常に役立ちました。
メモ

あれ?と思ったらとりあえずメモると
変化に気付きやすいはずです。
特にこのように時間の間隔が分かるものだと
目で見てパッと分かりますね。
Posted at 20:50 | ムー・猫 | COM(5) | TB(0) |
2007.05.10

体調不良13・退院~2日目

5/8
帰宅後ウン緩め、シッコ普通。
退院した夜はJの膝でまったり。
久しぶり

まったり、というよりくったりかな。。。
くったり

寝るときも人ベッドにやってきて
Jの布団の中や足元で眠りました。
ご飯は食べませんでしたが
帰ってすぐなので様子見です。


5/9
ウンさらに緩め、シッコ普通。
ところが翌朝もご飯を食べません(‥;)
仕方ないので薬だけを注射器で飲ませました。
カマスラならにおいを嗅がせてその気にさせて
口に持っていけばほんのちょっとだけ
つまみ食いするくらい。
脂肪肝が恐いので食べて欲しいんだけど。。。
(脂肪肝については後記予定です。)
Jが獣医に問い合わせたところ
包帯ベストがストレスかもしれないので
ムーはあまり傷を気にしてないから
脱がせて様子を見て、とのこと。

確かに脱がせても、大きなお腹のハゲも
傷口も気にする様子はあまりありません。
気にする元気がないのかな。。。

午後に薬用ではなく食事用に使いやすい
大きな注射器をもらいに獣医へ。
85円の注射器をもらいに徒歩往復30分に
バス往復400円て。。。妹重いし、疲れたorz
でもこれでしっかり食べてもらわなければ!

夜はモンPチ缶とシラスの湯通ししたものを
ミキサーにかけて注射器で30ml&薬。
今日は一人でリビングのイスで寝ました。
こんな風に手を組んで、
手

片耳を折りたたんで、
耳

寝てました。
くたー

そしてそのうちひっくり返っておられました(^▽^;)
びよーん

手術前は痛み&衰弱でこんな格好してなかったから
痛いよりも、だるいとかまだ疲れているだけ、
ということならいいのですが、心配。。。


5/10
ウン夕方までになし、シッコ普通。
今朝も自分からは食べず。
昨日と同じ流動食を20ml&薬。
ベランダで少し日向ぼっこしましたが
すぐに寝に戻ってきてしまいました。
でも午前中にカマスラを結構食べてくれましたv( ̄ー ̄)
午後にホタテを買ってきてゆでてゆで汁とともに
モンPチ缶をミキサーにかけて注射器で20ml。
いやいやながら飲み込んでくれていますが
自分で食べられるようにならなきゃ元気になれない。


明日は術後の経過診察の予定です。
Posted at 17:14 | ムー・猫 | COM(2) | TB(0) |
2007.05.08

体調不良12・退院

午前の治療の後の報告電話では
熱が39.7度まで上がってしまって
(興奮OR細菌感染)
今日の退院に黄色信号だったのですが
夕方の治療の時には39.0度まで下がって退院OKに。


ムーが、帰ってきましたー!\(*T▽T*)/









帰宅

お ・ か ・ え ・ り!

まずは数分かけて家宅捜索。
滅多に入らない爪とぎボックスの中も
2回も点検。
捜索



その後、カマスラも食べようとせず、
一旦寝室に行ったJを追って
人ベッドに飛び乗って
そのままJの布団にほりほりしてもぐりこんで
寝てしまいました。
 もー、アタシぐったり。
って感じなのでしょう。
すたすた歩いて声も出ているし、
具合が悪いというわけではないと思います。

と思ったら、今、2時間ほど寝て起きてきました。
カマスラがつがつ食べた!!(T_T)


数日後に経過の診察があって、
そのまた数日後に抜糸予定です。


皆さん、ご心配ありがとうございます。
今日でまた不安の壁を一つ越えましたv( ̄ー ̄)
Posted at 21:06 | ムー・猫 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。